2008年08月11日

バットマン -ダークナイト-

やれるときにやっとこうー( ゚∀゚)

ここんとこ映画を見ても書いてなかったんですが、今回は久々にだらだらと書いてみますw

前作バットマンビギンズでニューデザインのバットマンに惚れ
バットモービルのカッコヨサに惹かれたワシとしては今作はかなり楽しみにしてました。
しかも今行ってる会社の人がプレミアム上映を見てきて、「すげーよ、おもしれーよ!」と絶賛してたので更に期待大に。

darknight.jpg
てことで観てまいりました!
案の定、その期待は大きく満たされました。

例のごとくネタバレ風味でお送りしますので気になさる方は以後スルーでお願いいたします。
なんといってもジョーカー役の故ヒース・レジャーの真性キチガイっぷりが凄かった。
初代バットマンでのジョーカーが良かっただけに、かなりのプレッシャーである役柄を見事に演じきってましたね。
理路整然としながら、根っこの所で完全にキレている。
そんな真の悪人を映像で表現出来ているのは素晴らしかった。
亡くなったのが惜しいですなー。

メカも引き続き登場のバットモービルに続いて新登場のバットポッド。
最初に見た時はデザインびみょーっと思ったんですが、映像でアクション付きで魅せられるとたまりませんな。
ニューデザインのバットスーツもシルエットを保ちつつ更にかっちょよくなってました。

もちろんストーリーも最上でした。
前作にも増して悪に軸が置かれ、正義とは一体何なのかを問いかけるような内容になってます。
タイトルにもあるダークナイト。
最後に汚名を着ても市民のことを考え罪を被る闇の中でも騎士の精神を持つバットマン。
こちらが主題ではあるのですが、方や光の騎士と呼ばれゴッサムシティのマフィア共と戦っていたハービーデント検事。
けれど、ジョーカーに心の隙をつかれトゥーフェイスと化し闇に落ちてしまった騎士。
ジョーカーを主軸にこの二つのダークナイトの物語を描いてるってのが素晴らしかったですわー。
あっという間に時間が過ぎ去りました。

ここまで良くできた映画はなかなか見れるものじゃないと思うので、機会があれば是非見て欲しいですね。
トレーラーがひっくり返るシーンなんかは、TVで観るより劇場で観た方が全然迫力なんかも違いますので皆、映画館へ行こー(どこの回し者)

posted by Airdust at 00:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104537986

この記事へのトラックバック

「ダークナイト」
Excerpt: 「ダークナイト」、観ました。 アメコミヒーローバットマンの映画化。「バットマンビギンズ」の続編。今回のバットマンの敵はジョーカー...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2008-08-11 10:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。